利用者急増中のバーチャルオフィスを使ってビジネスを有利に進めよう

バーチャルオフィスは住所もレンタルできる

仕切りのあるデスク

バーチャルオフィスとはその名の通り、バーチャルで作られたオフィス空間で仕事をするというサービスです。そのメリットは事務所不要で起業、会社運営ができることで、何より初期投資の費用が抑えられるのが魅力です。
さらに全国各地、都市部の住所が借りられるため、自宅の住所が知られたくない方などにもオススメです。もちろん借りた住所は名刺やホームページに載せることもできますので安心です。大抵の業者で法人登記も可能となっていますが、一部法人登記不可のプランもあるのでよくご確認ください。ただしバーチャルオフィスでレンタルした住所で法人登記をする場合には注意が必要です。
たとえば公的機関からの郵便物、訪問客などがレンタルした住所へ届いたり訪ねてくるケースも考えられるからです。ではこのような場合にはどう対応すれば良いのでしょうか。実はバーチャルオフィス業者のサービスには郵便物転送や電話転送、秘書対応などのオプションがあるのです。ですから先ほどのような場合を想定して、これらオプションを利用すると良いわけです。
これらの基本サービスやオプションの利用料金は各業者によって若干のバラつきがありますので、サイトの比較や直接問い合わせをして、事前にしっかり確認してからご利用ください。

バーチャルオフィスを選ぶ際のポイント

現在、これまでの働き方に取って代わって需要が伸びてきているのがバーチャルオフィスです。運営会社が用意した架空のオフィスを借りて住所登記などができるサービスであり、これから右肩上がりでさらに需要が伸びていくことが予想されます。ただ一口にバーチャルオフィスといっても業者によってその特色は様々です。まず拠点となる住所も違いますし、料金も違います。他にも電話代行、郵便物転送といった細かなサービスも業者によって異なりますので、ご自身がどのような形態で起業、会社運営をしていきたいかによってじっくり選ぶことが大切です。
特に会社の拠点となる住所をどこにするかは非常に重要な要素です。住所によって会社のステータスやランクにも差が出てきます。たとえば都会の一等地に住所があるのとそうでないのとでは印象が変わってくることもあるでしょう。したがってバーチャルオフィス業者を選ぶ場合には、利用料やサービスと共に拠点となる住所のことも考えて比較検討してください。
なお目安として自宅から通いやすいところを選ぶと、後々便利です。なぜなら郵便物をすぐに取りに行けるなどの利便性があるからです。以上の点を踏まえてより良いバーチャルオフィスを利用してください。

バーチャルオフィスを利用するのにかかる費用

オフィスや事務所を構えての会社経営と違い、初期費用とランニングコストを大きく削減できるバーチャルオフィスは今じわじわと注目を集めているサービスです。とはいえバーチャルオフィスの利用にはいったいどれくらいの費用がかかるのか、ぴんと来ない方も多いと思われます。そこで費用面について細かく見ていきたいと思います。
まずバーチャルオフィスにおいて必ず必要なのが入会金と月額利用料です。特にサービス形態からして長期に渡って利用することが多くなるため、月額利用料は非常に重要ですので念入りに比較検討をしましょう。月額利用料のおおよその相場は5千円前後から1万円強となっています。この相場より大きく外れている場合は注意してください。
また多くのバーチャルオフィス業者では保証金は不要となっているようですが、稀に保証金が発生する業者もあるので事前確認は忘れずに行っておきましょう。同じように更新費用の発生する業者もあるようなのでこちらも気にするようにしてください。
それでは改めて月額利用料について見ていきます。こちらは1か月、3か月、6か月、1年と毎月払いから一括払いまで選べるようになっている業者がほとんどです。そして契約期間が長くなればなるほど毎月の支払料金が割安になっていくので、賢く利用しましょう。

また、月々の支払金額をとにかくコンパクトに抑えたいのであれば、1ヶ月1,000円台から利用できる【レゾナンス】のバーチャルオフィスで徹底したコストカットを図ると良いでしょう。必要に応じて機能のオプションを追加できるため、応用の利く活用が可能です。

イチオシ

青空とビル

ビジネスを始める人におすすめのバーチャルオフィス

従来のように物理的なスペースを借りて事務所を利用する際には、様々な手続きとともに費用面が圧迫をする面も否めません。しかしバーチャルオフ…

MORE